モリモリスリム授乳中なら飲んでいいでしょ!?ダメ?

モリモリスリム授乳中

授乳中はモリモリスリムを服用しても大丈夫?なんでしょうか?

 

授乳中の方は必ずチェックしておいてください!

 

何とか体型をスリムにしようと、手軽に便秘解消ができて、ダイエットにも効果的と言われているモリモリスリムを服用してしまう人もいるかもです・・・(-.-;)

 

で、確かに、モリモリスリムの商品ページには「授乳中はお召し上がりいただいても結構です」と表記されています。

 

しかし、ちょっと待ってください!

 

本当にそうでしょうか?飲んでいいと書いてあるからといって安心してはいけません。

 

よく成分を見るとキダチアロエが含まれているんです。

 

キダチアロエ授乳中

 

このキダチアロエは授乳中は要注意とされている成分であり、アロエに含まれる成分が母乳に混入して赤ちゃんに下痢やけいれんを引き起こしてしまうがあると言われています。……こわっ!

 

ただし絶対に服用してはダメという訳ではなく、少量であれば大丈夫ではありますがあえてリスクを摂る必要はないでしょう!!

 

 

私も使っていますが、授乳中でも安心・安全でしかもかなり効果を実感できるオリゴ糖がホントおすすめです!

 

こちらでまとめていますので参考にどうぞ(o^―^o)↓↓

 

 

 

 

~産後豆知識~出産後はダイエットがしたくなる?

 

妊娠、出産をきっかけに太りやすい体質になってしまったり、妊娠中に増えた体重が落ちなくなってしまう人が多いようですね。

 

授乳中は食欲が増し、体重も減るどころかどんどん増えていってしまったなんて方もいらっしゃるのでは?

 

そうなると何とか妊娠前の身体に戻そうとダイエットしたいと思っても、授乳中なので食事制限をする事もできません。
更に便秘ってなってくると市販薬に頼ってしまいがちなのではないでしょうか?

 

水分がどうしても不足しますので、便秘になりやすいんですよね(-.-;)

 

 

 

~産後豆知識~母乳育児のメリット・デメリット

 

赤ちゃんを育てる上で、母乳育児にするかミルクにするかで迷うお母さんもいるようです。

 

そこで母乳育児をする際のメリット・デメリットをまとめてみました。

 

【メリット】

  • 赤ちゃんの脳内の神経線維が密集する白質の発達が早い
  • 免疫力が高い
  • 乳頭、乳輪を吸う事で顎や顔面が適切に発達し、SIDS(乳幼児突然死症候群)の予防になる
  • 母と子のスキンシップ度が高まる
  • 母の閉経前の乳がん、卵巣がん、子宮体がんになる可能性が減少する

 

【デメリット】

  • 赤ちゃんの黄疸が長引きやすい
  • 乳腺炎など、乳房・乳頭のトラブルが起きやすい
  • 足がO字に曲がってしまう「くる病」や、けいれんや頭蓋骨が柔らかくなってしまう
  • 「ビタミンD欠乏性低カルシウム血症」になる可能性がある

 

といったものがあるようです。

 

他にも、市販ミルクは赤ちゃん全般にしっかりと栄養を摂取できるようにバランスが整っていますが、母乳は個々の赤ちゃんに必要な栄養に合せて母乳がつくられるそうです。

 

また、市販のミルクは赤ちゃんの栄養を第一に考えてつくられていますが、母乳はまだまだ未熟な赤ちゃんがしっかりと生き延びられるように脳の発達を優先した成分でつくられているといった説もあるそうですよ。

 

母乳は市販ミルクが真似しきれない程優れた面があるんですね。お母さんの食事もしっかりこだわって健康的な子育てがしたいです。

 

 

ちなみに、こちらで紹介している「はぐくみオリゴ」には母乳にも含まれているガラクトオリゴ糖がメインのオリゴ糖なので、妊婦さんや授乳中の場合は(便秘解消のためだけではなく)飲んで欲しいと思います!