モリモリスリムは怖い副作用がある!?真相を徹底調査

モリモリスリム

便秘薬に頼らず、毎日お腹をスッキリさせたいけど、なかなか出来ずに苦しい思いをしている方って多いと思います。

 

 

お腹が張って苦しいし、食欲は失せる、肌荒れもする・・便秘って良いこと無いですよね。(-_-;)
便秘について調べるうちに、「モリモリスリム」というお茶の存在を知った方もいるのではないでしょうか?

 

 

天然由来の成分を使用したお茶なので、薬と違って身体に負担がかからず、安心して飲めるお茶です。

 

 

でも、モリモリスリムには副作用がある、という記事がインターネット上にアップされているんですよね。
それは本当なのか?どんな副作用のリスクがあるのか?それを防ぐ方法など、気になったので調べてみました!

 

 

モリモリスリム 濃過ぎるお茶は腹痛の原因になる?!

 

 

モリモリスリムは、ティーパックタイプのお茶なので、手軽に飲むことが出来るんですよね。
でも、ついうっかりティーパックを入れっぱなしにしてしまっていた時などは、副作用が起こる恐れが高くなります。

 

 

それはどういうことなのか、早速ご説明していきたいと思います。(^_^)

 

 

・ 成分のひとつ、ゴールデンキャンドルは下剤と似た作用がある
・ 濃過ぎるお茶は腹痛が起こる原因になる

 

 

モリモリスリムの成分のひとつの“ゴールデンキャンドル”には、センノシドという成分が含まれています。

 

 

センノシドは、下剤と似た性質を持っているので、たくさん摂り過ぎると腸の運動が活発になりすぎて、腹痛を起こす恐れがあります。

 

 

ティーパックを入れっぱなしにしたまま飲んだり、淹れる時間が長過ぎるとお腹が痛くなることがあるんですよ。

 

 

毎日飲むとモリモリスリム無しで排便できなくなる??

 

 

腹痛のほかにも、もうひとつ気になる副作用があることがわかりましたので、併せてご紹介したいと思います。(^^)

 

 

・ 毎日飲み続けると、自力で排便出来なくなると言われている
・ モリモリスリムは腸のぜん動運動を活発にするので、それ無しで腸が動かなくなる恐れがある

 

 

「毎日スッキリしたいから!」と、モリモリスリムを毎日、1日に何杯も飲みたいと思う方もいると思います。

 

 

でも、モリモリスリムを長期間、毎日飲み続けると、自力で排便出来ないからだになってしまうと言われているんです!

 

 

モリモリスリムは、腸のぜん動運動を活発にさせて、排便を促すお茶です。
なので、モリモリスリムに頼り過ぎると、腸がサボって自分で動かないようになります。

 

 

その結果、モリモリスリム無しで排便が出来なくなったり、飲まなくなった途端余計ひどい便秘になったりしてしまうんですよ。

 

 

モリモリスリムはお茶の煮出しや飲む回数を調節すれば副作用は大丈夫!

 

 

ここまで聞くと、モリモリスリムを飲むには相当な勇気と覚悟が必要な気がしますよね。

 

 

でも、モリモリスリムは、飲み方を少し意識するだけで、腹痛や便秘などの副作用を防ぐことが出来るんですよ☆

 

 

・ パックをお湯にひたす時間は短めからスタートして
・ 1日1杯まで、心配な人は2〜3日に1杯で様子をみよう

 

 

モリモリスリムは、他の一般的なティーパックタイプのお茶と違って、内容量が多いお茶です。
他のお茶が1包2〜3gなのに対し、モリモリスリムは5gも入っているんですよね。

 

 

量が多い分、それほど効果も高いので、初めて飲む方はパックをお湯に浸す時間を短めに設定しましょう!
まずは2分ほどひたしたお茶から始めて、効き目次第でもっと短くしたり、少し淹れる時間を長めにすると腹痛は起きませんよ。(^▽^)

 

 

また、1日1杯飲むのが理想的と言われていますが、心配な方は2〜3日に1杯から始めると良いですよ。
スッキリした翌日はお休みして、その次の日にまた1杯飲む、という飲み方なら、腸が仕事をしなくなることも防ぐことが出来ます。

 

 

副作用が怖いお茶と言われていますが、飲み方次第で全くそれが気にならなくなるので、皆さんもゼヒ試してみてくださいね☆